神経痛や腰痛にはリョウシンJV錠と痛散湯、どちらが効果的?

 

再春館製薬所と言えば、もはや説明するまでも無いかもしれませんね。そう、あの「ドモホルンリンクル」で有名な、熊本に拠点を置く通販専門の会社です。実はそんな再春館製薬所から、腰痛や神経痛改善のために「痛散湯」という商品が販売されているのです。

 

神経痛や腰痛と言えばリョウシンJV錠が有名だけど、どちらの方が効果があるのだろう?と気になっている方も多いかもしれません。

 

ただここでハッキリさせておかないといけない事として、リョウシンJV錠をお試しされる方には【関節痛】の痛みを何とかしたいという方が最も多いのですが、残念ながらこの痛散湯には関節の炎症である【関節炎】には効能がありますが、関節痛への効能は認められていませんので、お気を付け下さいね。

 

あくまで共通の効果・効能としては、神経痛と筋肉痛のみとなっていますから、それはまず最初に頭に入れておいて下さいね。では、それらの症状に悩みの方でリョウシンJV錠と痛散湯の違いについて知りたいというあなたの為に、わかりやすくご説明していきたいと思います。

 

漢方薬の痛散湯、医薬品のリョウシンJV錠

リョウシンJV錠 痛散湯

 

リョウシンJV錠と痛散湯の効果を見るために、配合されている成分を分析してみることにしましょう。

 

痛散湯

ヨクイニン、キョウニン、カンゾウ、マオウ、ボウイ

リョウシンJV錠

トコフェロールコハク酸エステルカルシウム、パントテン酸カルシウム、フルスルチアミン塩酸塩、ガンマ-オリザノール、ピリドキシン塩酸塩、シアノコバラミン

 

リョウシンJV錠も痛散湯も、神経痛や腰痛に効果があるとされています。
しかし痛散湯は「痛み」に働きかける成分が配合されているくのに対し、リョウシンJV錠はビタミンBなどを補う事で痛みの原因に働きかけていのです。

 

そもそもアプローチしていく方法が違うのですから、効果を比較しようというのは無理な話だと言えるでしょう。
ハンバーグとプリンはどちらが美味しい?などと聞いている様なもので、全く違うものですから比べようがありませんし、仮にむりやり比較したとしても、それは何の根拠もない主観となってしまいますよね。

 

また、富山常備薬グループが販売するリョウシンJV錠と再春館製薬所が販売する痛散湯、最も大きな違いの一つが「飲み方」です。漢方薬に当たる痛散湯も、リョウシンJV錠と同じ「医薬品」である事には変わらないのですが、飲み方は医薬品とは大きく異なっています。

 

痛散湯には顆粒の他に煎じ茶があり、飲み方に手間がいる分少し割安で購入することができます。
では煎じ茶を服用するためにかかる手間とはどのようなものなのでしょうか?

 

<<【痛散湯】の煎じ薬を服用するまでの手順>>

やかんに1日分の煎じ茶1袋と、600mlの水を入れます。
沸騰するまで火にかけ、沸騰したら水の量が半分になるまで弱火にかけます。
水が半分ほどになれば袋を取り出し、それを朝昼晩の3回に分けて1/3ずつ服用してください。

 

沸騰させた水に漢方薬の成分を抽出し、服用するという方法なのです。
火にかけるだけでいいのなら簡単じゃないかと思われるかもしれませんが、これを毎日となると以外と面倒なのです。

 

痛散湯を始めてみたけれど、めんどくささから辞めてしまった、という口コミも探すと後を絶たないほど多く見受けられるのもこのためなのですね。

 

効果を得るには長く使っていくのが重要

リョウシンJV錠 痛散湯

 

リョウシンJV錠であっても痛散湯であっても、効果の感じ方は体質などによって変わることになります。
ですから周りの方が痛散湯の方が効果があったと言っているからといって、あなたもそうであるとは限らないのです。
ですから一度試していただくのが1番確実に自分に合った商品を選ぶことができると言えるでしょう。

 

効果だけに気を取られていてはいけません。
鎮痛剤のように即効性のある薬であれば、効果を最優先で選ばれてもいいでしょう。
ただリョウシンJV錠や痛散湯はそこまで即効性は高いものではありません。使い続けることによって、痛みに作用してくれる薬です。

 

そういった事を感がると、先ほどお話した様に、一日三回服用しなければならず、更に煎じ茶の場合は非常に作るのも面倒という事で、「飲み方」に関しては1日1回、3錠飲むだけで良いリョウシンJV錠の方が遥かに楽だと言えるでしょう。

 

加えてどれだけ効果が高かったとしても、あまり高く手続けるのが困難だったら意味がないということになりますよね。その点で見てみても、リョウシンJV錠の価格は痛散湯と比べてとてもリーズナブルなのです。

 

「良心的」な価格のリョウシンJV錠はお試ししやすい&継続しやすい

リョウシンJV錠 痛散湯

 

漢方薬と聞くと、「高い」というイメージがあるという方は多いのではないでしょうか?
そのイメージの通りで、痛散湯はお世辞にも安い商品であるとは言えません。

 

煎じ茶でも1ヶ月分が税込12960円、そして顆粒においては何と14040円もするのです。
1日換算すると、飲み方が非常に面倒な煎じ茶でも400円以上、そして顆粒はなんと500円近くもするのです。
サラリーマンの平均ランチ代が500円といわれるこの時代に、あまりにも高価だと感じるのは私だけでは無いでしょう。

 

それに対し、リョウシンJV錠は何と初回は痛散湯よりかなり安い、税込2052円となっているのです。もちろん同じ1ヶ月分の値段です。これなら自分に合っているのかという事も、気軽に試すことができますよね。

 

リョウシンJV錠 痛散湯

 

しかし初回だけの価格で言えば、無料のお試しセットを試すことができる痛散湯の方がいいではないかと思われるかもしれませんね。ご存知ではない方がほとんどなのですが、痛散湯の無料試供薬は、たった1日分しか入っていません。

 

1日使っただけで、一体何が分かるでしょうか?せいぜい分かるのは、どんな味なのか位でしょう。しかし先程もお話した通り、痛散湯は2回目以降の価格がとても割高になっています。

 

リョウシンJV錠は2回目以降は単品購入でも税込4860円、定期コースを利用されると最安値だと2808円となっており、痛散湯よりもかなりお求めやすい価格だと言えるでしょう。しかも定期コースを選ばれることで、『送料』や『代引手数料』が追加でかかってくることもありません。

 

まずは公式サイト限定で手に入れることができる、初回半額のリョウシンJV錠を試してみられると良いですよ!

 

リョウシンJV錠公式サイト

>>http://ryoushin-jv.com/<<

 

 

神経痛や腰痛にはリョウシンJV錠と痛散湯、どちらが効果的?関連ページ

関節ケアの医薬品〜リョウシンJV錠とグルコンEX錠プラスの違い
関節痛の改善に効果があるとして高い評価を受けているリョウシンJV錠とグルコンEX錠プラスですが、どちらの方が効果があるのかという事は気になりますよね。 2つの商品の共通点と相違点から、その効果について調べてみました。
リョウシンJV錠と北国の恵みの関節の痛みに対する効果
関節痛ケアのためのサプリメントとして注目されている北国の恵みですが、医薬品であるリョウシンJV錠とはどのような違いがあるのでしょうか? その効果と違いについてお話しています。
関節痛に効果があるのはどっち?リョウシンJV錠とグルコサミン
リョウシン JV 錠と言えば関節の痛みを改善してくれる医薬品として有名ですが、グルコサミンを配合しているサプリメントも関節痛を改善する効果があるとされていますよね。 果たしてどちらの商品の方が、関節痛を改善する効果は高いのでしょうか?
関節痛を改善したい!リョウシンJV錠とコンドロイチンサプリの違い
関節痛の改善に効果があると知られているコンドロイチンですが、本当に効果があるものなのでしょうか? 実は効果がないという事は本当なの?
リョウシンJV錠 VS ヒアルロン酸サプリ〜効果的なのは?
美容に効果があるとされているヒアルロン酸ですが、関節痛に効くとされているサプリメントにも配合されていることがよくあります。 関節の痛みを改善したいと考えた時、ヒアルロン酸とリョウシン JV 錠ではどちらの方が効果的なのでしょうか?
リョウシンJV錠 類似品〜同じような商品とは?
リョウシンJV錠と同じような効果があり、お買い得に手に入れることができる商品があれば、ぜひ使ってみたいと考えますよね。 果たしてアリナミンEXプラスはリョウシンJV錠と同じ効果がある商品なのでしょうか?