プロダンサー時代の無理がたたって腰の関節痛に!Iさんの関節痛対策

 

35歳を過ぎた頃からです。

 

若い時からプロダンサーのお仕事をしていましたので、無理がたたって、35歳を過ぎた頃からひどい腰部分の関節痛に悩まされるようになりました。

 

踊る時はもちろんの事、一時期は歩くのさえ痛み、腰痛バンドがはずせませんでした。

 

腰痛バンドに頼りすぎた為に、かえって筋肉が弱くなり、余計に痛みの症状が酷くなりました。

 

その後、40歳を過ぎた頃から膝の関節痛に悩まされるようになりました。

 

やはり踊る時にはもちろん痛みますが、生活にも支障をきたすようになりました。

 

どちらも、鍼治療法や腰にはブロック注射、膝にはヒアルロン酸注射をして、筋力トレーニングを行い、現在は随分マシにはなりましたが、やはり踊りすぎたりすると、激しく痛みを感じる事があります。

 

関節痛を抱えていて、日常生活で困る事

 

日常生活でこまることは、関節痛がひどい時は、椅子に座ったり立ったりする時に痛むので、支えがないと怖い事です。

 

低すぎる椅子や柔らかいソファなどに座る時など、座る時はまだ痛みはすくないですが、立ち上がる時に痛みを感じるのがつらいです。

 

腰部分の関節痛がひどい時は、トイレの立ち座りに非常に困ります。

 

洋式の手すりがついたような便器でないと怖くて使用できません。

 

就寝時、ベッドならまだ良いのですが、床に布団をひいた状態の寝具に寝る時は、膝痛も腰痛も酷いので、つらいです。

 

膝の関節痛がひどい時は、階段が辛いです。

 

登るより、降りる方が、より痛みを感じます。

 

関節痛を抱えていて、日常生活で困る事

 

関節痛軽減のためのサプリメントは、ヒアルロン酸のタブレットを服用した経験がありますが、あまり効果は感じられませんでした。

 

また、腰痛対策としては、腰痛バンド。膝痛対策としては、サポーターや専用のタイツなどを痛みがひどい時は使用しています。

 

効果は抜群です。

 

踊る時と、長時間歩いたり、長時間座ったりする時は、必ず腰と膝にテーピングをしています。

 

テーピングの効果は絶大で、テーピングをしない時とした時では痛みがかなり違います。

プロダンサー時代の無理がたたって腰の関節痛に!Iさんの関節痛対策関連ページ

関節痛対策にストレッチが良かった!ズボンの脱ぎ履きすら辛い関節痛
ズボンの脱ぎ履きすら、膝の関節痛で辛かったOさんですが、ストレッチを取り入れる事でかなりの軽減効果を得られたそうです。詳しく話を聞きました。
関節痛対策に運動が良い?習慣として取り入れて関節痛の痛みが軽減
関節痛対策として、Fさんは運動を取り入れた所、かなりの効果を発揮し痛みが軽減したそうです。それまでの関節痛の痛みなど、お話をお聞きできましえた。
出産後に関節痛を発症!関節痛対策としてバランスボールで改善!
二人目の出産後に関節痛を発症したというSさん。辛い関節痛を軽減させたのは意外にもバランスボールだったといいます。詳しく話を聞いてみました。
高校一年から関節痛に悩むOさんの症状と関節痛対策とは?
Oさんの場合、高校一年生という早い段階から関節の痛みに悩まされる様になったそうです。果たしてどの様な症状を抱え、そして対策したのでしょうか。